orbe / new album リリース記念、特典インタビューブック

haruka nakamura

FOLKLORE (CD)

¥3,056

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「harukanakamura.com」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「harukanakamura.com」を許可するように設定してください。

・CD2枚組(うち1枚、特別CD『三月十六日』)
・特殊紙製ボックス仕様

発表2014年


<FOLKLORE に寄せて>


青木隼人さんと初めて会ったのは、西荻窪だった。
雨と休日の3周年で、店主・寺田さんがギタリスト三名を集めた演奏会を企画し、そのメンバーが坂ノ下典正さん、青木さん、僕だった。
以前から青木さんのギターソロアルバムを吉祥寺OUTBOUNDなどで見かけて気になっていたので、寺田さんに、「演奏会前に青木さんと会わせてほしい、そして出来れば一緒に演奏してみたい」旨を伝え、西荻窪りげんどうで演奏会前に出会わせてもらった。
その日の情景を今もよく覚えている。
彼はこれからしばらくインドに旅に行くと話していて、そのために短い坊主頭に刈り込んでいた。自然な気取らない人で、僕はそのスタイルと話し方が好きだった。
「帰って来たらセッションしましょう」と約束した。

幾日か経ち、青山rainy day books cafeの閉店後の時間を、その頃店主だった林下英治さんにお願いして貸してもらい、初めてのセッションが行われた。

まだそれほど会話もまともにしていない状態の、出会ったばかりの二人のとても純度の高い即興セッション。青木さんはアコースティックギターを。僕はガットギターとアップライトピアノを弾いた。その日の録音が、「三月十六日」として、このアルバムには収められている。
帰りの地下鉄で、青木さんは「音と色」の話をした。
君にはGは何色に見えるか、Dはどんな色か。
僕にはこう見えているよ。君はどうだい。

その後、僕らは三軒茶屋の赤鬼で「FOLKLORE」というキーワードを共有し、二人で旅に出ることにした。
その日、熱燗を片手に青木さんは「僕はハルカくんを記号としては捉えていません」と話してくれた。

それまで、ほとんど旅に出たこともなかった僕は、ここから生活のほとんどが旅になる。
そして旅で音楽を作っていくことになる。
青木さんとたくさんの旅を、情景を、夕餉を、日々を共にした。
僕らはかけがえのないコンビであり、DUOであり、友人であった。

やがて何年かの月日が経ち、FOLKLOREの旅が一つの終着駅を迎え、青木さんという相方とそれぞれの道へ行くことになったとしても、それでもなお、僕は一人でも旅を続けていった。
車窓には今も、何処からかギターのアルペジオが聴こえてくるようだ。



haruka nakamura

***************************************





「幾つかのソングと旅から生まれた音楽。」
ギターとギター、時に ピアノとアンビエンスで
AOKI,hayatoとharuka nakamuraが歩む旋律の旅路が描かれている。

2012年春 、CDショップ「雨と休日」3周年演奏会で出会い、結成されたDUO。
2014年秋 1st ALBUM「FOLKLORE」をリリースし、 "FOLKLORE"と銘打ったDOUでの ライヴツアーを日本各地で行った。


2012年のDUO結成以来、2人は旅を重ねることで出会った人々、見えた風景、経過していった時間、溢れ出す感情を旋律にしながら奏でてきた。
レコーディングは、2人だけでセッションを重ね1曲ずつ楽曲を構築していく作業を 2年近くの間、ライヴ活動と並行しながら行ったもの。
マスタリングは2人がリスペクトするアーティストの1人でもあるsutudio camel house の田辺玄。


AOKI,hayatoは『FOLKLORE』について「人とともにある音楽です。出会いや別れ。よろこび、かなしみといった感情や、 伺った土地でふれた風景から触発されたイメージを、音楽にしています。」と語り、
haruka nakamuraは「旅によって生まれる歌、または歌が生むあたらしい旅。」と。

特典封入の、
もう1枚のCD『三月十六日』は、
AOKI,hayatoとharuka nakamuraが出会ってはじめて行ったセッションの録音をまとめたものです。
旅の始まりの音、そしてある通過点にもうひとつの音。
この二つの音の間にある道のりを感じるための2枚組でのアルバム構成である。



TRACKLIST

1. I
2. days
3. FOLKLORE
4. call
5. メア
6. fog
7. 夕べ
8. 水声
9. もうひとつの時間
10. TALKING
11. 灯り
12. XII
13. coda
14. g





『三月十六日』

1. 二一時二〇分
2. 二一時五七分
3. 二二時三八分

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クリックポスト+封筒or箱代

    郵便局の配送サービスで、郵便受けに配達されます。配送の追跡も可能です。

    全国一律 ¥290
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥520
  • ヤマト宅急便+梱包代

    緩衝材で包み、ダンボールに入れて、ヤマト宅急便でお送りします。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥1,690
    • 東北

      • 青森県 ¥1,360
      • 岩手県 ¥1,360
      • 宮城県 ¥1,250
      • 秋田県 ¥1,360
      • 山形県 ¥1,250
      • 福島県 ¥1,250
    • 関東

      • 茨城県 ¥1,250
      • 栃木県 ¥1,250
      • 群馬県 ¥1,250
      • 埼玉県 ¥1,250
      • 千葉県 ¥1,250
      • 東京都 ¥1,250
      • 神奈川県 ¥1,250
      • 山梨県 ¥1,250
    • 信越

      • 新潟県 ¥1,250
      • 長野県 ¥1,250
    • 北陸

      • 富山県 ¥1,250
      • 石川県 ¥1,250
      • 福井県 ¥1,250
    • 東海

      • 岐阜県 ¥1,250
      • 静岡県 ¥1,250
      • 愛知県 ¥1,250
      • 三重県 ¥1,250
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥1,360
      • 京都府 ¥1,360
      • 大阪府 ¥1,360
      • 兵庫県 ¥1,360
      • 奈良県 ¥1,360
      • 和歌山県 ¥1,360
    • 中国

      • 鳥取県 ¥1,470
      • 島根県 ¥1,470
      • 岡山県 ¥1,470
      • 広島県 ¥1,470
      • 山口県 ¥1,470
    • 四国

      • 徳島県 ¥1,470
      • 香川県 ¥1,470
      • 愛媛県 ¥1,470
      • 高知県 ¥1,470
    • 九州

      • 福岡県 ¥1,690
      • 佐賀県 ¥1,690
      • 長崎県 ¥1,690
      • 熊本県 ¥1,690
      • 大分県 ¥1,690
      • 宮崎県 ¥1,690
      • 鹿児島県 ¥1,690
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥1,990
Related Items関連商品
  • RIVER (7インチレコード)
    ¥1,650
  • orbe Ⅰ (CD)
    ¥3,520
  • orbe 0 (CD)
    ¥3,300